上海徒然ブラブラ街歩き

上海の名所紹介、上海(中国)で見つけたオモロいもの等、上海生活を徒然なるままに。

娄山关路の地下通路②芸術祭

娄山关路付近をブラブラしていると、地下通路が大きく変わりつつあることに気付きました。

f:id:tfpfy858:20220117121421j:plain

f:id:tfpfy858:20220117121419j:plain

なんと娄山关路駅から虹桥南丰城までを通じる地下道で面白い芸術祭が行われています。

期間は2021年12月24日から2022年3月までのようですね!!!

 

 

それでは各々の芸術を紹介します。

先ずは娄山关路側の地下道から入ったばかりの場所

f:id:tfpfy858:20220117121402j:plain

f:id:tfpfy858:20220117121423j:plain

…………

 

 

次はサンタクロースと寅年らしく虎が描かれている壁の内部では…

f:id:tfpfy858:20220117121321j:plain

f:id:tfpfy858:20220117121326j:plain

f:id:tfpfy858:20220117121333j:plain

 

 

 

何か中国らしく卓球台のようなもの置かれてる場所も発見…

f:id:tfpfy858:20220117120616j:plain

f:id:tfpfy858:20220117120624j:plain

廃墟の運動会って…

 

 

なんかマネキンが置いてあるなぁっと思った場所は

f:id:tfpfy858:20220117120519j:plain

f:id:tfpfy858:20220117120523j:plain

ファッション科の学生による作品ですかね…

 

 

次は…

f:id:tfpfy858:20220117120459j:plain

f:id:tfpfy858:20220117120512j:plain

う~ん、SDGs、つまり衣服は無駄にしないってことですかね…

 

 

 

また地下通路には至るところで現在の芸術ストリートの宣伝が行われています。

f:id:tfpfy858:20220117120456j:plain

柱だったり

 

f:id:tfpfy858:20220117120448j:plain

壁も

 

f:id:tfpfy858:20220117120555j:plain

そして足下にも芸術のご案内が!!

 

 

f:id:tfpfy858:20220118091654j:plain

ちなみに遊び心に溢れた仕掛けが、足下にあります。

 

ちなみにまだオープンしていませんが、飲食店もあり。

f:id:tfpfy858:20220117120614j:plain

 

 

 

さて、再度芸術作品の紹介を…

f:id:tfpfy858:20220117120327j:plain

f:id:tfpfy858:20220117120339j:plain

f:id:tfpfy858:20220117120342j:plain

f:id:tfpfy858:20220117120347j:plain

…わからん…

 

 

 

f:id:tfpfy858:20220117120016j:plain

f:id:tfpfy858:20220117120017j:plain

f:id:tfpfy858:20220117120036j:plain

これはちょっと好きかも…

 

 

f:id:tfpfy858:20220117120008j:plain

f:id:tfpfy858:20220117120014j:plain

電子系の芸術ですね。

 

 

 

f:id:tfpfy858:20220117115914j:plain

f:id:tfpfy858:20220117115916j:plain

f:id:tfpfy858:20220117115923j:plain

これは…芸術なのか、まだ途中段階なのか…

 

 

地下道にはDUNKINドーナツもあるので

ドーナツ片手に芸術を楽しものもイイですね!!

f:id:tfpfy858:20220117115903j:plain

 

 

少し趣が変わりますが、春節っぽい飾りつけもあります。

f:id:tfpfy858:20220118091701j:plain

f:id:tfpfy858:20220117115902j:plain

 

 

娄山关路から地下道を通り、遵义路に出たところでは

海鮮粥のお店や

f:id:tfpfy858:20220117115859j:plain

ちょっとお洒落な階段だったり

f:id:tfpfy858:20220117115847j:plain

なんとALDIもあり、非常に便利になっています。

f:id:tfpfy858:20220117112318j:plain

 

 

あまりにも多すぎたため、全部は紹介していませんが

まだまだ個性豊かな作品がたくさんあります。

f:id:tfpfy858:20220117120351j:plain

f:id:tfpfy858:20220117121315j:plain

f:id:tfpfy858:20220117120605j:plain

 

 

こんな感じの地下道が芸術ストリートとなっています。

娄山关路に来て時間があるときは、是非立ち寄って見てください。

f:id:tfpfy858:20220117120000j:plain

娄山关路の地下通路①飲食店街

娄山关路付近をブラブラしていると、地下通路が大きく変わりつつあることに気付きました。

f:id:tfpfy858:20220117112206j:plain

特に娄山关路駅から虹桥南丰城までの地下通路。

下記赤線のところです。

今回は下記地図の青丸で囲んだ部分の紹介です。

f:id:tfpfy858:20220117112808p:plain

 

 

先ず虹桥南丰城から娄山关路駅まで地下通路へ行こうとすると

下記写真のように飲食店が多く出没しています。

f:id:tfpfy858:20220117112155j:plain

f:id:tfpfy858:20220117112239j:plain

まだ工事中のお店もあれば、OPENし開店セールをしているお店もあります。

f:id:tfpfy858:20220117112222j:plain

f:id:tfpfy858:20220117112209j:plain

f:id:tfpfy858:20220117112212j:plain

このあたりは虹桥南丰城やSOHOなどオフィスビルが沢山あるのに

飲食店はやや少なめだったので

ビジネス需要に応えるイイ改造だと思います。

 

 

本来はこの虹桥南丰城から娄山关路の地下通路はSOHOのオフィスエリアとなっていました。

下記写真のようにですね。

f:id:tfpfy858:20220117112250j:plain

f:id:tfpfy858:20220117112257j:plain

f:id:tfpfy858:20220117112309j:plain

しかし、オフィスとして需要がなかったのか、人通りの多い地下通路という点で人気がなかったのか

オフィスが埋まっている様子は全く見られませんでした。

そのため2021年末から、何かの工事を行っているなぁっと思っていたら

2022年1月には飲食店街になりつつあります。

恐らく春節前(2022年1月末)までには、全てのお店が開店することでしょう。

 

ちなみに2022年1月時点では、上記3枚の写真のように

まだオフィススペースが残されています。

 

ここがオフィスとして利用されることはあるのか、

また飲食店のように異なるものへと変わるのか

見所ですね。

 

 

そういえば2015年頃は娄山关路から遵义路までは既に地下通路があったけど

遵义路からは地下通路がまだなく

虹桥南丰城までは地上に出る必要がありました。

 

それがいつからか (恐らく2018年頃?) 遵义路から虹桥南丰城、尚嘉中心までが地下通路で繋がり、非常に便利になりました。

(雨でも傘いらずで駅に行けることは嬉しい)

 

 

さらに遵义路から娄山关路までの地下通路も

いっとき店が全て潰れて工事をしていると思ったら

最近工事が終わり始めてきたので、また次回紹介します。

レモンサワー男

先日、とあるショッピングモールをブラブラしていると、面白い男を見つけました。

下記写真です↓

f:id:tfpfy858:20211224153824j:plain

f:id:tfpfy858:20220105153147j:plain

休憩してスマホイジってますね。

中国では、イベントキャラが人目の付くところで休憩をしているのをよく見かけます。

休憩室って無いのかな?

 

 

何のキャラかっと聞かれると下記のキャラです↓

f:id:tfpfy858:20211224153836j:plain

最近よく見かけるポスターです。

サントリーのレモンサワー。

少し調べた限りですが、日本では見つけられなかったので

中国サントリーのキャラクターなのかな?

 

 

キャラクターが普通に休憩をする、ここ中国上海。

何も知らないで見ると、何のコスプレだろっと思ってドキッとします。

 

 

ただ、ちゃんと仕事をしているときは仕事をしています。

on offの切り替えがキチンと出来ているってことかな?

f:id:tfpfy858:20220105153136j:plain

 

むしろ日本みたいに休憩時間でも仕事をさせることは良くないですね。

上海で1月1日に正月が現れる場所

2022年を迎えました。

多くの人はご存知だと思いますが、中国は1月1日を正月とせず

旧暦の1月1日を正月とします。(2022年は2月1日)

そのため中国では1月1日が新年という雰囲気があまりないのですが

上海は日本人が多く、日系スーパーも多いので場所によっては正月気分を味わえます。

そのため1月1日に正月気分を味わえる場所を、ブラブラして来ました。

 

 

 

f:id:tfpfy858:20220105113645j:plain

上海にある高島屋の入口。

流石は日本が誇る高島屋です!!!

まさか門松が飾ってあるとは。(2022年1月1日時点)

お節料理が売っていないかなぁっと食材売り場も見て回りましたが、

特に正月を感じられるものはありませんでした。

ただ餅つきは行っていたようです。

f:id:tfpfy858:20220105132436j:plain

 

 

続いて、上海在住日本人でお世話になった事がいないと断言出来る

日系スーパーのAPITA。

晦日の2022年12月31日に訪れてみましたが、

年越しグッズが多く並べられています。

f:id:tfpfy858:20220105113629j:plain

f:id:tfpfy858:20220105113633j:plain

f:id:tfpfy858:20220105113638j:plain

流石日本人が多く利用するAPITAです。

 

もし大晦日に上海在住で、年越し蕎麦を食べたい場合

APITAに来れば間違いないです。

(长宁区の2号線娄山关路駅の近所です)

 

f:id:tfpfy858:20220105113644j:plain

他にも福袋が売っていました。

ただ1月ではなくて、大晦日にです。

日本も同様かもしれませんが、最近の福袋って1/1とは限らないのですね…

 

 

また日系スーパー以外の様子も見てきました。

先ずはセブンイレブン

f:id:tfpfy858:20220105113651j:plain

f:id:tfpfy858:20220105113657j:plain

新年を彷彿させるおにぎりの包装になっていたり

正月を連想させる商品も売っています。

しかし、これは1月1日ということではなく、春節が近いからかと思います。

 

 

続いてファミリーマート

f:id:tfpfy858:20220105113941j:plain

これは完全に春節の飾り付けって感じですね。

 

 

杂物社という雑貨店の様子。

f:id:tfpfy858:20220105113944j:plain

これも春節です。

 

 

見た限り、高島屋やAPITAなどは日本資本が強いお店は

門松や餅つき、そば等、日本の正月が感じられるものに溢れていました。

しかし、その他は中国の春節に向けた飾り付けって感じですね。

(セブンイレブンファミリーマートは、確か出資の大半は台湾や中国企業)

 

中国ではこれから春節が終わるまでは、正月の飾り付けに溢れます。

日本人は、1年に2度正月気分を味わえます。

楽しい時期の始まり~

上海の最新(?)トイレ

先日、上海の観光地をブラブラしていると物凄い最新式(?)のトイレを見つけました。

 

f:id:tfpfy858:20211229091855j:plain

f:id:tfpfy858:20211229092421j:plain

何が最新で凄いかというと、トイレの個室に入っている時間が表示されています。。。

長いところは58分も入っていますね…

 

中国は(日本も同様かもしれませんが…)、個室でタバコ吸ったり、スマホでゲームしたりして

かなり長く個室に居座るんですよね…

特に週末のショッピングモールでは、個室が満室ということを何度も体験しています。

本当に用がある人にとっては迷惑でしかありません。

 

そういった対策のために、こういった掲示板が表示されているのかなぁっと思いました。

 

しかしこのやり方だと、トイレにやって来た人は個室の混み具合や長く個室に入っている人の状況はわかりますが

個室の中に入っている人には何も伝わらないので効果は無いのではないかと個人的に思ってます。

 

他にも酸素濃度やアルコール濃度が表示されています。

中国人は空気の綺麗さを結構気にするので、そのためかと思いますが

表示をしてどうするつもりなのか…

このトイレの空気は綺麗ですよってアピールですかね?

 

 

ちなみにこのトイレがあった場所は、上海随一の観光地である豫園。

帰り道、再開発が始まりつつある古い町並みと

最新トイレのギャップに、寂しさを感じました。

f:id:tfpfy858:20211229093637j:plain

f:id:tfpfy858:20211229092340j:plain